sweeteden
日々まったりマイマイ☆

ビバ京極                 
鉄鼠の檻
鉄鼠の檻

ようやくきのう再読し終わりました
やっぱ……いい!!!
めっちゃツボだったセリフ・・・

「兄様、御免なさいね」

そのシーンをのめり込んで読んで、数秒後。。。思わず笑いっ!!
ていうかていうか! もう関くんのなんて素敵なことっ!!
「僕のほうを見て」ってホントかい!?
ああ〜坊さん連続殺人事件終わりましたw
やっぱ好きだな〜京極さんv
本を職場においてきてしまったので、セリフをはっきり覚えてませんが、
「釈迦も弥勒も彼のものの下僕に過ぎない。彼のものとは誰だ」
みたいな問いがあり、それに
「僕だ!」
と、答えたのは「探偵」榎木津礼次郎さんっすvvv
痺れたっ!!!(笑)

この鉄鼠の檻の舞台は箱根。誰もしらない寺があって、そこで連続殺人事件が起きる。そしてたまたま箱根にきていた京極堂と鬱病小説家関口巽が(っていうか最初に首をつっこんでしまったのは関口くん)事件に巻き込まれ、というか介入しちゃうのです。
京極堂シリーズはあかば的には探偵・推理小説ではないです。
犯人誰だろうとも思うけど、ほんと事件に振り回されてどうなってるんだ、と悩んで、京極堂に憑き物落としをしてもらうというような感覚で読んでます(ああ、意味不明)

さぁて、、、いったん休憩して「雨と夢のあとに」を読もうと思ってたのですが、、、あれって最近発刊されてたんですね;
単行本だったので、金欠のため買えませんでした;;
図書館で借りようかなーぁ
というわけで、次は「絡新婦の理」を再読予定
好きな話だけど。。。。関君がぜんぜん出てないのがイヤー!!
そりゃ鉄鼠は木場シュウは出てこなかったけど・・・
とりあえず・・・実家に本をとりにかえらねば〜
: 小説 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 紅葉ひろ :
Comment








いやん、何だか慣れてないから名前名乗るのが照れくさいワ(笑)
千夜蝶です、呼びにくいので千夜か千とお呼びいただけると嬉しいですv

この間はコメントありがとお!!!
一番ノリ嬉しかったよ〜vやっほいvvv
今後とも改めてよろしくお願いいたします<(_ _)>

京極さんフィーバー?(笑)
あかばっちの日記読んでたら私も京極さん作品読みたくなってきた〜!
ああ!またこうして誘惑されていくんだわ!!
posted by 千夜蝶 : 2005/06/26 7:51 PM :
きゃ〜千夜ちゃん、こんばんわーvvv
うふふ、新しい名前ってドキドキするねっ!

一番ノリだった〜? ワーイやったやった☆
こちらこそ今後ともぜひぜひよろしゅうおねがいしまーすm(__)m

うん、抹茶。。。じゃないめっちゃフィーバだよんv
もう大好きだかんねー、京極さんvvv
超おすすめっすよ〜ん
今度ブログのデザイン変更するときは京極シリーズを陳列するよ(笑)
ええ〜い誘惑されちまえー(笑)
posted by あかば : 2005/06/26 11:45 PM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW : TOP : OLD>>